化学マグ バラの花の色

型番 XMC001006
定価 2,000円(税込)
販売価格 2,000円(税込)
購入数

※ 2次元バーコードを読み取ると解説ページ(wikipedia)を見られます!

バラの花の色を決める色素成分の構造式をデザインしたマグカップです。。

容量が大きめ(310CC)で実用性も抜群。

基本的に化学好きの方向けの商品ですが、化学系の研究者や受験勉強中の学生さんにもオススメします。


【仕様】

製品仕様

※ サイエンスグッズショップ 【シュレディンガーの箱】の商品は受注生産です。注文確定後のキャンセルはご容赦お願いいたします。通常は注文確定後1週間以内で発送いたしますが、万が一遅れる場合は弊社からお知らせさせて頂きます。



【解説】

バラの花には、赤、オレンジ、ピンクなど様々な色があるが、これらはシアニジンとペラルゴニジンに由来する物が多いとされる。また黄色はこれらと全く違うカロテノイドに由来する。

一方で青いバラは自然界に存在しないが、それはデルフィニジンに代表される青色色素がバラの花弁に存在しないことが理由である。

そのため青いバラを作り出すためには、バイオテクノロジーなどで他の種類の花から持ってきた青色色素の遺伝子を働かせる必要があり、それに成功したのは21世紀に入ってからである。

余談だが、本当の意味での黒色のバラは、青色と同様にバラが黒の色素を持っていないため、未だに実現していない。

最近チェックした商品

このお店について

はじめまして。

サイエンスグッズショップ【シュレディンガーの箱】は「サイエンスを楽しむ!」をテーマに、サイエンスをテーマにした雑貨・Tシャツ・小物などを皆様にお届けしています。

ネットショップ運営は初めての経験、運営スタッフを含めまだまだ不慣れですが、楽しく、正しく、新しい、そしてちょっとは勉強になるような「サイエンスグッズ」をお客様にご提案するため努力しています!

「もっとこういうお店であれば良い。」や「こんな商品が欲しい!」など、もしございましたらご意見くだされば幸いです。

今後ともよろしくお願いします。


Blog